外壁付帯部の塗装

雨樋(あまどい)の塗装について

雨樋にも寿命はあります。
雨樋の寿命はおよそ20~25年ってところです。

雨樋の役目は、屋根に降った雨水の道を作って、
地面まで下ろしてくれくれます。

雨樋が壊れてしまうと雨水が行き場をなくしてしまい、
軒先・軒裏や外壁から雨漏りをして
建物内部を腐食してしまうおそれがあります。

この写真は築20年以上経過した家です。

丸が黒ずんでます

バルコニーにたまった雨水を長す樋が破損してしまい、
行き場をなくした雨水が外壁に漏れだしてしまいました。

樋破損雨水コケ

そのまま時間が経過し、外壁にコケが生えてしまい
ごらんのとおりです。

雨が降ったときに、雨樋が機能していないと
外壁が腐食して穴が開いてしまい
そこから雨水の侵入をゆるしてしまいます。

ときには雨樋もチェックして大切な家を守りましょう。

塩化ビニル製(硬質塩ビ)の樋に塗装するにはどうしたらいいですか?

弱溶剤のウレタン樹脂塗料の2回塗りをお勧めしています。

樋は3工程です

樋の劣化が激しい場合は、先に塩化ビニル用プライマーを
下地塗装して上塗りをかけることもあります。

ただし、塗装前にサンドペーパーをあてて
下地を目粗ししておくことと、
付着している汚れ、油脂分を除去しておくことが必要です。

茶色を使うことが多いです
樋は塩化ビニール製です、ちゃんと塗装することで
家の寿命を延ばすことにつながります。
これをほおっておくと塩ビ管の劣化で塗料が剥がれて
腐食し始め建物内部に悪い影響がでます。

外壁と屋根をしっかり塗装すれば安心!ってことではありません。
樋の塗装も必要なのではとチェックしてみてください。
樋が仕上がり