サビ止め塗料で白くなってきました|玉名で屋根外壁塗り替えなら西島塗装

観覧車がサビ止め塗装で真っ白になってきました



前回、センター軸部にサビ止めを塗る作業をアップしました。
今日はアーム部分のサビ止め塗料をいれていきます。
あーむ1



錆止め塗装は、鉄骨の表面にコーティング(塗装)をほどこすことで、
空気に触れにくくし、鉄が酸化するのを防ぐ役目をもちます。

サビ止め塗装を省いてしまうと、見た目も汚くなってしまい、やがて鉄の強度がなくなります。
最近の錆止め塗料の性能は飛躍的に品質アップしてきてます。
あーむ2



錆止めの塗料は大きく2種類があります。


◎ 赤錆色の塗料(鉛系の油性塗料)
◎ 変成エポキシ樹脂系



あーむ3


今回使っている錆止め塗料は変成エポキシ樹脂系になります。

サビ止め塗装の前に、最初にしっかりと錆を落としておかないといけません。すぐに錆が浮いてきます。
工具(ディスクグラインダー)でケレン作業をすると、鉄部を削ることになり鉄の強度が弱くなります。
また、騒音や鉄粉の飛散でお隣さんへご迷惑をかけるおそれもあります。
十分な注意が必要です。
あーむ4




Follow me!