塗装作業の前に

外壁塗装する際に近所へのご挨拶

家を建てたならば、いずれ外壁や屋根の経年劣化はまぬがれません。

それでも家を維持するためには修繕・メンテナンスが必要です。

 

外壁と屋根の塗り替えが家の劣化スピードをゆるめることになります。

外壁塗装をすることになったら、

いろいろとやらなければならないことがあります。

 

中でも忘れていけないのが、ご近所の方へのご挨拶です。

日々生活していく中でご近所とのお付き合いは大切です。

ご近所への挨拶を忘れないこと

外壁塗装は日数がかかります。

期間中は足場がかかりますので、お隣の家が隣接してるのであれば

不便を与える可能性があり、何かと気を遣うことになります。

 

太陽の光が足場のせいで入らなくなった

とかよくあるもめ事のひとつです。

 

足場の組み立ての時も注意をしておくべきです。

足場の鋼管が少しでも隣の敷地に出てしまう

すぐトラブルに発展しかねません。

 

足場を組む金属の音が気になる方もいるでしょう。

工事車両が道路を塞いでしまう可能性もあります。

 

外壁塗装を始める前に、高水圧洗浄という工程があります。

高圧の業務用洗浄機器で洗うので音がうるさい場合もあります。

高圧の洗浄水が飛び跳ねて、お隣りの洗濯ものが濡れる可能性もあります。

なので、工事が始まる前にご挨拶したほうが懸命です。

 

工事の現場監督さんと一緒にタオルやお菓子などを

もってご挨拶をしたほうが無難でしょう。

 

「ご迷惑をおかけします」と

頭を下げ品物を渡すことによって、

その後のトラブルを軽減させることができます。

しばらくの間

外壁塗装は工事そのものも大変なのです。

ご近所とのトラブルもなくスムーズに施工が進むことで

塗装の職人さんも気持ちよく仕事を進められます。

 

ご近所さんへの配慮は欠かすことはできないのです。