玉名市岱明町のF様邸の屋根と外壁の塗替え

今回は、玉名市岱明町のF様邸の、屋根と外壁の塗替えをお世話になりました。

屋根がコロニアルなのですが、写真のように退色が目立ちます。

築20年近くだと施主さんからお聞きしました。

それだと塗り替えの時期ですねー。

お隣さんのおうちも近いことですので、工事にかかる前にチラシを配布してまわりました。

外壁に使った材料は、水谷ペイントさんのナノコンポジットWです。

弊社もこの塗料を愛用してます!

どのような塗料かこれ見るとわかりやすいですよ。↓

既存の外壁の色と塗り替えした色が、ほぼほぼ変わらかったので、

ビフォーアフターの参考にならないみたいです 笑

屋根もきれいになりました。

わかります?
コロニアルの部材と部材の間に、スペーサーという部品を挿入しました

縁切りという作業をする大事な理由は雨漏りを防ぐためです。

縁切りとは、今回のようなカラーベストやコロニアルの屋根の塗り替え時に必要な作業です。

強風大雨など桁外れな雨が降ったとき、屋根の下に雨水が入り込む場合があります。

なので入った雨水を外へ排出するために、縁切りをして逃げ道を作ってあげるのです。

スペーサーを挟むことで、雨漏り防止に繋がります。

写真ではわかりませんが、屋根の隅々まで縁切りを終えました。

屋根に使った塗料は、パワーシリコンマイルドⅡです。

この屋根塗料も、高耐候性・耐久性に優れていて、弊社も頻繁に使っています。

塗り替え工事が終わりました。やはり屋根がキレイになるとグッと引き締まりますね!

まさか雨漏り?どこから?

どこから雨漏りしてるのか?
点検を自分でやってみたい人への
チェックシートを用意しました。

屋根・外壁など各チェック箇所や
どのような状況が雨漏りしやすいのか
参考になるかと思います。