熱中症の症状、予防と対策

まさか熱中症かな?

毎日毎日、猛暑日(気温が35℃以上の日)が続いています。
今年は各地で記録的な暑さのようです。
気温が高い中、引き起こされる症状があの怖い「熱中症」です。


きょうしゃ1

きょうしゃ2

体温が上昇すると「これはマズい!」ということで、大量の汗が出てきます。
汗をかくことでカラダが熱を放出し体温調整していきます。

その汗によって体内の水分量がだんだん低下していきます。
カラダは水分の低下をおさえるために、心臓や脳へ送る血液を収縮しようとします。
それが逆に熱を放出できなくなってしまい、脱水症状をおこすのだそうです。

倦怠感、嘔吐、頭痛など、また汗で体内の塩分が不足しけいれんをおこします。

まさか熱中症か?

熱中症の症状、予防と対策

だと感じたら、発症後すぐの対応が非常に大事になります。

では実際に熱中症をおこしてしまった時の対策です。

  1. 運動や労働をすぐに止めて休息を取る。
    日陰や風とおしの良い場所、冷房の効いた室内に移動する。
  2. 寝る時は、仰向けで寝て足を高くする。まずは安静と休息。
  3. 水分の補給をする。水も大事だが、塩分の摂取も必要。
    もし吐き気がある場合は、すぐに緊急搬送し点滴による水分補給を。
  4. 着衣をゆるめる、靴は脱ぐ、水や濡れたタオルで身体を濡らし風を送る、
    氷や冷えたペットボトルで脇の下や首を冷やす、
    熱が放散しやすくしてカラダを冷却する。

この暑い夏場、熱中症にかからないようにするには、
 ・体を作ること
 ・普段からバランスのとれた食生活
ここが一番大事です。

暑いからといって、軽い食事だけで済ますと、体力が低下してしまいます。
自己管理に気をつけて暑い夏を乗り切りましょう。

塩飴がいいらしいですよ!

塩飴をなめる

再度、おさらいです♪

Image 4