塗装における天候と季節

外壁塗り替えの時期とタイミング!塗り替えは10年後?ベストな季節は春と秋?

「お宅の外壁、そろそろ塗り替えでは?」
突然の訪問販売の営業マンに家の劣化を指摘され不安になってしまう方、
いるのではないでしょうか。

外壁はまだまだつやが出てるし、汚れもついていない、 言われてみればたしかに小さなひび割れがポツポツある‥でもまだまだ塗り替え時期ではない。

それなのについ気になってしまい、塗り替えを真剣に考えてしまう‥
う~ん、人の話を全部鵜呑みにしてしまうのは少し危険かもしれませんね。

それなのについ気になってしまい、塗り替えを真剣に考えてしまう‥
う~ん、人の話を全部鵜呑みにしてしまうのは少し危険かもしれませんね。

外壁塗装の塗り替え時期は、築10年がひとつの目安!

外壁塗装の塗り替え時期は、
だいたい築10年目くらいにおとずれます。
家を建ててから約10年目といったところです。

毎日あたりまえのように暮らしていると、外壁や屋根がだんだんと劣化している状況になかなか気が付かないし、みすみす見逃してしまいます。

しかし誰もが、家・建物の耐久性を復活させたい、長寿命化させたい、
そう思っているところでしょう。

外壁の塗装、家の塗り替え工事っていうけど、そう安い買い物ではないです。
あまり予算はかけられない、でもできることなら高品質な塗装、仕上がりを望むもの。

家の外壁って日ごろ意識することはほとんどありませんよね。そんな外壁は、毎日私達が安心して過ごせるように活躍しまくっています!

砂ホコリにさらされながら、酸性雨や紫外線を浴び続けながら、毎日毎日かなりの負担を強いられ続けながらも、私達の生活を守るために頑張ってくれているのです。

外壁塗装をするそのメリットとは?

     外壁を補強し、劣化を防ぐ日夜雨風をしのぐ外壁は、想像以上の負担がかかり劣化しています。注視しておかないと、ボロボロに劣化してしまってからでは遅いです
維持費用を安く抑えられるとことん劣化してからの塗り替えは、びっくりするほど費用がかかります。その前に定期的に塗り替えをすることで、家のメンテナンスコストを抑えることができます。
雨漏りの侵入から守る今は雨漏りしてなくても油断できません。雨漏りしてしまう前に、手を打つことが必要です。
家を長持ちさせる10年を目安に外壁を塗装することにより、家全体が約2倍以上長持ちするといわれています。

日光・風雨にさらされる外壁は、思った以上に劣化しているものです。

そこに気づかないままにしていると、どうしようもないぐらいの状況になってから「外壁をなんとかしなきゃ」と考えていたのでは遅すぎます。

雨漏りもそうです、一箇所気づいたのであれば、そのままにせずに自分で確認してみる、
雨漏りの業者に相談してみる、など迅速に動いてみることです。

今は雨漏りしていないから動く必要ないと感じるかもしれません。
が、雨漏りしだす前にフォローしてあげることが肝心です。

早く決断することで、維持費を節約できる!

・外壁に穴が見られるようになってきた。
・外壁に少しづつサビが出てきた。

様々な外壁の補修が必要で、ついでに塗り替えをするようでは、
修理費用はかなり高くなってしまいます。

やがてくる塗り替え時期を見逃さず常にチェックしておくことです。
定期的は塗り替えをすることで費用を安く抑えることが出来ます!

外壁塗装の塗り替え季節は?春夏秋冬すべてOK!

では外壁を塗り替えする一番ベストな
季節はいつなのでしょうか?

冬の季節はどうでしょうか。冬の時期にかけて、
外壁の塗り替えってイメージではないですよね。

そう冬場は低温の時期のため、気温が低いので塗料が固まってしまうとか、
薄い塗膜になったりとかしないのでしょうか?

では普通に考えて、春とか秋の比較的中間的な気温の時期が良いではないか?
となるでしょう。

「オールシーズンOK!」ということ

今の塗料は昔の塗料と違って、品質性能が著しく上がってます!
季節が春・夏・秋・冬といつであろうが、塗装の仕上がりの品質において
どの季節であっても、塗装することに問題はありません!

しいて言うならば、
春と秋が適しています!

外壁の塗り替えを予定されてるのであれば、
10~12月、また1~2月あたりをおすすめします。

理由は、雨が少なく天気が安定している時期だからです。
統計的にもこの時期は降水確率が少ないです。

塗装作業をおこなうにあたって、気温も大きく関わってきます。
気温や湿度の状況により、塗料が乾きにくく硬化がしにくいという
欠点があります。

つまり、塗料が乾燥しにくいってことです。

◎一般的に塗装をしてはいけない作業環境は

 ・5度以下の場合、
 ・湿度が80%以上の場合


 こんな時は塗装は避けなければいけません。

あと、1日の作業時間の中でも、施工を避ける時間帯があります。
下記の時間帯を除けば一年中問題ないと思います。

◎塗装作業をしていけない時間帯

 ・冬の朝
 ・夕方の気温が低い時間


外壁塗装の時期と季節を簡潔にまとめてみましたが結論から言うと、

春と秋がもっとも工事が
やりやすいという結果になっています!

たとえ雨が降ったとしても、雪が降ったとしても、風が強かったとしても、きちんと施工環境を意識していればちゃんと塗装はできます。

そのため多くの塗装業者さんは、「いつでも大丈夫です!」と
回答されていると思います。

ですが、そこだけにこだわるのではなく、日々の気象状況に敏感で、一つ一つの作業工程を丁寧に対応してくれる塗装業者さんに任せられるのであれば、いつでも外壁塗装は行えるということです!

春と秋じゃなくても、外壁塗装をやりたい!そのタイミングで
外壁塗装を始めてもまったく問題ありません。

ほったらかしにしたことによる余計な
修理コストをかけずに済むように、
またこれからも長く大事に住み続けるためにも、
家の塗装はいつ頃にしようと計画を
しておくことが大切です。

外壁の塗り替えをしたらどのくらいもつ?

よく「塗装したらどのぐらい持つの?」と質問される方がいます。

よく、こんな高品質の塗料を使うから、軽く10年は大丈夫だねって
思いがちですが、塗装というものは、その家の状況や作業の念入りさによって、
耐用年数は確実にかわってきます。

塗料メーカーのサイトを見ると、今回使う塗料は00年~00年の耐用年数がありますというように、10年とか15年とかのある程度の数字がカタログには記載されています。

ウレタン塗装だと7年、シリコン塗装だと12年、フッ素であれば15年などなど、具体的な数字であらわしているところもあって、塗装を頼む側にすればとてもわかりやすいものです。

でもそれだけで決めてしまうのは危険です。
具体的な塗料の耐用年数だけを信用するのではなく、
その塗り替え工事の中身を考慮しなければいけません。

塗装時期というもので考えれば、その人が汚れに対して気になってきたら、塗り替え時期であって、カビが気になりだしたら、その家の塗装時期とも言えると思います。

ようは10年もつ塗料だったとしても、壁にひび割れもなく、

汚れだけが気になる家の場合などは、

汚れさえ気にしなければ、
10年以上持たすことだって可能

と言ってもいいのです!

外壁塗装の時期を見逃すことで発生するリスクとは?

塗装時期が分からず、最適な時期を逃すと2つの重大なリスクが発生します。

10年以上、自宅の塗り替えをやっていない人も多くいますが、それはただ塗り替えをすべきタイミングがいつだったのか分らない、また塗装をしないとどんなことになるのかを知らない人がほとんどです。

塗り替えのタイミングを逃してしまうと、どんなリスクがあるのでしょうか。

 家の補修・メンテナンス費用が高くつく
 
 塗り替えなんてまだまだと思っていると、いつか突然修理を
 しなくてはいけない箇所が増えて、余計にお金がかかって
 しまう可能性が高くなります。

 適切な時期に、適切な塗り替えをしなかったことが原因です。
 弱り始めた家を保護しなかったことで、外壁にひび割れなど
 発生し、壁をきちんと補修しないと、塗り替えできない状態
 になってしまうからです。
 .
 家そのものの寿命を縮めてしまう
 
 塗り替えする本来の目的は「防水性を持続し家を守る」
 ことです。塗り替えを怠ってしまうと、コストが高くなるだけ
 でなく家の寿命そのものが短くなってしまいます。

 適切な時期に塗り替えをすれば、防水性は保たれますが、
 家の中の躯体の劣化はそのままです。そのまま進行すれば長持
 ちしなくなり、せっかくの良い家が短命で終わってしまうかも
 しれません。ほんとうにもったいないことです。

 長く大切に住み続けるためにも家の塗り替えは、いついつにし
 ようと計画をしておくことが大切です。
 .

最後に

屋根や外壁の最適な塗り替え時期は、10年がひとつの目処ということをお伝えしました。

次の耐用年数の時期がくる前に、つまり築5年~7年目あたりに、家の劣化具合を塗装業者さんに調査しておく事で、さらなる耐久効果を維持できることが期待できます

但し築年数だけ気にしているのでは、必ずしも判断できない事もあります。
なので家のどのあたりが劣化してるのか、そのチェックポイントを押さえて、
あなたご自身で、定期的な点検をして家の変化に気付いておくことが重要です!

あなたのライフプランと塗り替え時期をしっかり計画していく為の知識として、自分で点検・チェックはおさえておきましょう。

暗い床下や天井裏、危ない屋根など、専門の業者に依頼をしないと見えてこない部分はプロに任せたほうが安心です。

塗り替え時期を先延ばしにすると、いずれ将来的にいらぬ余分のメンテナンスコストがかかります。さらには家がもろくなってしまいます。

定期的な点検・チェックをしていくことで
「自分の家はおそらく○年で
 塗り替えをしなければ!」と
言う判断基準が明確に持てます!

お読みいただき、ありがとうございました。

屋根・外壁の無料相談お気軽にどうぞ!

塗り替えの費用はどれくらいかかる?工事って何日くらいかかかる?

工事中は窓を開けられないの?イメージ通りの理想の色になる?

細かな要望にも応えてくれる?

お気軽にメールでご相談内容をお知らせください、
わかりやすくお答えいたします!

※その後、電話や訪問営業をすることは一切ございません。

メールでのご相談