塗装作業の前に

家の平均寿命を長持ちさせたい|いつまで住める?確実な方法は?

家の平均寿命ってどれくらい?|長持ちする方法は?

キャプチャhnew
家電品には寿命があっていつかは壊れます。
家だって永久に建ち続けるわけではありません。

築10年経っても新築と見間違えるような家、
見ることありませんか?

逆に老朽化が激しい家、
この差は一体なんなのでしょう?

建てたエ事店の技術も関わっていることでしょう。
しかし老朽化させない理由はもっと別にあります。
それは‥‥

10年間住んできた住人の日頃のお手入れの差!

家はお手入れをしなかったら確実に
傷んで劣化していきます。

室内のクロスが剥がれたりとか
床に傷が入ったくらいでは
簡単に家の寿命は短くなりません。

家を老朽化させて寿命を短くしてしまう
致命的な原因とは何でしょう?

それは内部の損傷ではなく
外側の損傷です。

家の寿命を短くする一番の原因は
雨水の侵入、つまり雨漏りと言われてます。

雨漏りは屋根や外壁の目地の僅かな隙間、
雨樋の破損などから入り込んで
家の中の部材を腐らせます。

気付いた時には被害が拡大し手遅れと
なり大掛かりな補修工事が必要になる
おそれもあります。

雨水を侵入させないためにも
屋根と外壁を常に目を見張らせること、
これが家を元気に長持ちさせる
確実な方法です!

屋根・外壁は修理が遅くなればなるほど
補修の費用も余計に掛かってしまいます。

できるだけお金を掛けないためにも
家の資産価値を守るためにも

定期的な診断と早期の対応が大切です。

しかしながら
屋根・外壁・雨樋などはなかなか
目に止まらないものです。

点検もおろそかになりがちです。
家の損傷に気付かないこともあります。

自分で点検してみようと思っても
屋根に上がるなんてことできません。

損傷している箇所っていうのは、
一般の人では慎重に見ないと
気がつかない部分ばかりです。

10年経過すると外からは何事も
ないように見えても

じつは家の内部では予期しない
損傷が起きているという
考えはもっておいていいでしょう。

5年に1度くらいは信頼できる専門家に屋根や外壁の点検をしてもらう

可能ならば5年に1度くらいは
信頼できる専門家に屋根や外壁の
総点検をしてもらうことが
家を元気に長持ちさせるための最良の方法と言えます。