塗装作業の前に

屋根・外壁を塗装するベストシーズンはいつ頃がいいのでしょうか。

日頃住んでいると外壁・屋根の劣化具合に

気づかない方が多いのではないのでしょうか。

 

あなたが住んでいる家というのは

10年に1度が塗り替えの目安だといわれてます。

 

家・建物の耐久性を復活させる、長寿命化させる、

この必要性を認識されてない方が多くいらっしゃるのも事実です。

 

でもやはり、塗り替えは安い買い物ではないのです。

大きな出費になにかと不安になります。

 

外壁や屋根の塗り替えはいつ頃なのか?

ベストシーズンはいつ頃でしょう?

例えば冬場。

冬は低温の時期、気温が低いので塗料が固まり

結果、薄い塗装の膜になったりしないのでしょうか。

 

素人の考えだと、夏の暑いのもあれだし‥

春とか秋の比較的中間的な気温の時期が

良いではないか?となるでしょう。

 

再度、外壁や屋根を塗り替えするベストシーズンはいつ頃なのか?

 

今の塗料は昔の塗料と違って、品質性能が著しく上がってます。

春・夏・秋・冬でしょうが仕上がりの品質には

どの季節であっても問題はありません。

なので、基本的には「オールシーズンOK!」になります。

春夏秋冬オッケーです

屋根の塗り替えを予定されてるのであれば、

なるべく1~2月をおすすめします。

理由は、雨が少ない時期だからです。

直接屋根にあたる雨はできるだけ避けたいのが理由です。

 

塗装作業をおこなうにあたって気温も関わってきます。

○5度以下の場合、

○湿度が80%以上の場合

こんな時は塗装は避けた方がいいでしょう。

霜の朝は避けること

気温や湿度の状況により、乾きにくい時もあります。

塗料が硬化がしにくいという欠点が出てくるのです。

 

施工場所によりますが、1日の作業時間の中でも

施工しないほうよい時間帯があります。

○冬の朝

○夕方の気温が低い時間

上記の時間帯を除けば一年中、問題ないと思います。
時期や季節を選ぶこともそうですが、
その関係よりももっと着目したいのは‥

現場管理をしっかりとできる施工会社かどうか!

ここもぜひ頭に入れていただければと思います。

現場の管理ができるのか